ノコギリヤシの効果を解説。

ノコギリヤシとは、ソウパルメットととも呼ばれているヤシ科の植物で、古くから効能が知られているハーブであり、治療薬(漢方)として利用されてきました。
5−αリダクターゼと呼ばれる酵素の作用を抑制する働きを持つことで、前立腺肥大症の予防や改善、薄毛・抜毛予防、発毛・育毛効果に期待されています。

詳細なノコギリヤシの効果・効能については下記サイトをご参照下さい。
http://www.ityouhaekisu.com/sawpalmetto/

発毛や育毛作用に期待されています。

抜毛や薄毛は、活性型男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)が髪の元となるたんぱく質の合成を阻害したり、皮脂を過剰に分泌させて毛穴を詰まらせることが大きな原因と考えられています。ノコギリヤシはジヒドロテストステロンを作り出す「5−αリダクターゼ」酵素の作用を抑制する効能を持っていますので、抜毛や薄毛を予防するだけでなく、ホルモンバランスを整えて発毛や育毛に効果が期待されています。

前立腺肥大症の予防や改善に役立ちます。

前立腺肥大症は、男性ホルモン「テストステロン」が前立腺内部でジヒドロテストステロンに変化し、たんぱく質を合成する事によって起こると考えれています。ノコギリヤシには上記でも記載しているとおり、「5−αリダクターゼ」酵素の作用を抑制する効能がありますので、前立腺肥大症の予防や改善にも役立ちます。

ノコギリヤシを食品で摂る場合

ノコギリヤシはハーブの1種であり、残念ながら通常の食品で摂取することは出来ませんが、 ノコギリヤシエキスを使用したお茶などでの摂取することは出来ます。

しかし、しっかりとノコギリヤシを摂取したい方はサプリメントでの摂取が理想的でしょう。

厚生労働省による摂取量や目安量は定められていませんので、サプリメントで摂取する際には、メーカー推奨の摂取量を守りましょう。


欠乏症や過剰症、副作用

ノコギリヤシは、自然の植物であり、ビタミンのように必須栄養素ではない為、不足による欠乏症は特にありません。

しかし、薄毛や抜毛に悩む方にとっては救世主的存在として、男性だけでなく女性からも高い支持を得ています。

ノコギリヤシには、1日あたりの上限量は定められていません。

現在のところ過剰症の報告もなく、一般的に知られている副作用としては、便秘・下痢、腹部不快感・腹痛などの胃腸症状や、めまい・不眠、頭痛、高血圧症などが報告されています。

注意事項!

・サイト内の各数値や情報に関しては、転記ミスや内容が古い場合もありますので、必ずご自身で信頼のおける文献等で再確認して下さい。

・サイト内の栄養素の効能等は、伝承による情報も含まれており、その内容を保証するものではありませんので、必ずご自身で信頼のおける文献等で再確認して下さい。
また、栄養素としての記述をしており、サプリメント等の効果を保障するものでもありません。

・当サイトの内容によって生じたトラブル等については一切の責任は負えません。

Copyright (C) 2008 MineralsNavigation. All Rights Reserved.