アスタキサンチンの効果を解説。

アスタキサンチンは、非常に優れた抗酸化効果を有しており、限られた物質しか通過できない脳や目の中で威力を発揮します。

詳しいアスタキサンチンの効果・効能は下記サイトをご参照下さい。
http://www.sup-search.com/astaxanthin/

脳や目の老化を防ぎます。

アスタキサンチンは、自然界でも最高レベルの抗酸化作用を持っており、私たちの体を酸化(老化)から守っています。また、アスタキサンチンは、他の抗酸化物質と違い、目や脳にある関門も通過できることから、脳や目の重要な器官の酸化を防ぐ効果があります。

美肌を守ります。

美肌を維持する為にも、抗酸化効果は非常に重要です。ストレスなどだけではなく、肌は紫外線をダイレクトにうけますので、皮膚下では活性酸素が随時発生しています。
アスタキサンチンの作用は、非常に強力なだけでなく、紫外線によって発生する活性酸素に対して顕著な効果を持っていますので、美肌を守る為に欠かせません。

動脈硬化の予防に役立ちます。

アスタキサンチンの効果は、血管内でももちろん有効であり、コレステロールや血管壁の酸化を抑制し、動脈硬化の予防や、血流の改善に役立ちます。

アスタキサンチンを食品で摂る場合

アスタキサチンは、海由来の食品の中でも、特に鮮やかな赤橙色の濃いものに多く含まれています。

摂取量等の定めはありませんが、健康維持を目的とした場合は、0.6〜1g/日を目安にすると良いとされています。

しかし、アスタキサンチンを毎日食品から摂取する為には、偏った食生活となり、栄養バランスを崩す可能性もありますので、十分な量を摂取する為にも、サプリメントを利用すると良いでしょう。


欠乏症や過剰症、副作用

アスタキサンチンは、必須栄養素ではない為、不足による欠乏症はありません。

しかし、現代人は活性酸素を増加させる様々な環境の中で生活をしていますので、健康維持や美容の為にアスタキサチンの効果は必要と言われています。

アスタキサンチンには、1日あたりの上限量は定められていません。
しかし、アスタキサンチンは、もともと食品添加物としての使用を許可されている為、非常に安全性が高く、現在のところ副作用は報告されていません。

注意事項!

・サイト内の各数値や情報に関しては、転記ミスや内容が古い場合もありますので、必ずご自身で信頼のおける文献等で再確認して下さい。

・サイト内の栄養素の効能等は、伝承による情報も含まれており、その内容を保証するものではありませんので、必ずご自身で信頼のおける文献等で再確認して下さい。
また、栄養素としての記述をしており、サプリメント等の効果を保障するものでもありません。

・当サイトの内容によって生じたトラブル等については一切の責任は負えません。

Copyright (C) 2008 MineralsNavigation. All Rights Reserved.