イチョウ葉エキスの効能を解説。

イチョウ葉エキスは、優れた血流改善の効果に期待されています。

イチョウ葉エキスの働きは、海外では医薬品として承認されるほどのもので、血行不良に起因する様々な症状を改善する働きに期待されています。

詳細なイチョウ葉エキスの効能については下記サイトをご参照下さい。
http://www.ityouhaekisu.com/

認知症の予防し、脳機能の低下を防ぎます。

イチョウ葉エキスは、血流を改善するだけではなく、脳細胞を保護しながら脳細胞の活力を高める効能を持っていますので、認知症の予防や改善に期待されています。
また、この効能は、脳の機能低下や健忘症などの予防にも役立ちます。

抗酸化作用によって、酸化を防ぎます。

様々な病気や老化を促す原因となるだけでなく、細胞の癌化を促す原因にもなる過剰な活性酸素の酸化を抑制する抗酸化作用がイチョウ葉エキスにはあります。

動脈硬化や脳卒中の予防に役立ちます。

イチョウ葉エキスには、血中コレステロールを正常化して、血小板の過剰な凝集を抑える効能がありますので、弾力のある若々しい血管を保ち、動脈硬化や脳卒中などの予防に役立ちます。

耳鳴り、難聴、高血圧などの予防や改善に役立ちます。

耳鳴りや難聴、冷え性や生理痛、神経痛や頻尿、高血圧(本態性高血圧)など多く病気は、血行不良が大きな原因であると考えられている為、イチョウ葉エキスの効能により、予防や改善に役立つとされています。

イチョウ葉エキスを食品で摂る場合

イチョウ葉エキスは、その名のとおり、イチョウの葉に含まれるエキスです。

その為、残念ながら他の食品から摂取することはできません。

また、葉をお茶として飲む、イチョウ葉茶がありますが、生の葉にはギンコール酸と呼ばれる強アレルギー物質が含まれている為、注意が必要です。

イチョウ葉エキスの摂取には、サプリメントを利用すると良いでしょう。


欠乏症や過剰症、副作用

イチョウ葉エキスは、自然の植物であるイチョウ葉に含まれている有効成分であるため、不足しても特に欠乏症等はありません。

しかし、現代人は不規則な生活によって、血行が悪くなっていますので、イチョウ葉エキスは健全な生活を守る為に必要です。

イチョウ葉エキスは安全性が高いと言われており、一年間にわたって摂取しても安全という報告もあります。

副作用としては、ごく稀ですが、胃や腸の不快感、頭痛やめまいなどが起こる場合があります。
また、重篤な副作用としては、内出血が知られていますが、報告は少ないとされています。

注意事項!

・サイト内の各数値や情報に関しては、転記ミスや内容が古い場合もありますので、必ずご自身で信頼のおける文献等で再確認して下さい。

・サイト内の栄養素の効能等は、伝承による情報も含まれており、その内容を保証するものではありませんので、必ずご自身で信頼のおける文献等で再確認して下さい。
また、栄養素としての記述をしており、サプリメント等の効果を保障するものでもありません。

・当サイトの内容によって生じたトラブル等については一切の責任は負えません。

Copyright (C) 2008 MineralsNavigation. All Rights Reserved.