L-カルニチンの効果を解説。

L-カルニチンは、脂肪を効率よく燃焼させ、ダイエット効果に期待されています。

運動しても食事制限しても痩せにくい人は、体内のL-カルニチン不足が考えられます。

詳細な効果・効能については下記サイトをご参照下さい。
http://www.sup-search.com/l-carnitine/

ダイエットに効果的です。

L-カルニチンは、体内の脂肪酸を利用して上手なエネルギーの生産をサポートするとされています。これは、脂肪酸をエネルギー生産工場であるミトコンドリアと呼ばれる器官内に運搬する際に、L-カルニチンの助けが不可欠だからです。
体内にL-カルニチンが豊富にあれば、皮下や内臓に溜まった脂肪は順次エネルギーとして利用されて、自然にダイエットができると言われています。

肌の老化を防ぎます。

近年、L-カルニチンは、ダイエット食品だけでなく、健脳食品としても注目されています。
L-カルニチンは、脳内の情報伝達物質であるアセリルコリンの生成に欠かせない成分であり、アセチルコリンが増加すれば、脳の老化防止や記憶力や学習能力の向上に役立つと言われています。

不妊の改善に役立ちます。

L-カルニチンの摂取により、エネルギーが上手に生産できれば、質の良い卵子や精子を育てることに繋がります。 また、受精卵の細胞分裂をサポートすることにもなりますので、不妊の改善効果期待されています。

L-カルニチンを食品で摂る場合

L-カルニチンは、牛肉や羊肉、赤貝などの食品に含まれています。

摂取量等の定めはありませんが、1日100mg前後を目安に摂取すると良いとされています。

しかし、これだけの量のL-カルニチンを毎日食品から摂取する為には、肉中心の食生活となり、栄養バランスを崩すだけでなく、カロリーオーバーになる可能性もありますので、十分な量を摂取する為にも、サプリメントを利用すると良いでしょう。


欠乏症や過剰症、副作用

L-カルニチンは、加齢とともに生合成量が減少していきますので、各年齢で症状が異なります。

体内では、エネルギー生産(脂肪酸の燃焼)に深く関与しているため、不足すると、疲れやすくなるだけでなく、肥満やメタボリックシンドロームを招く原因にもなります。

L-カルニチンは、もともと体内で生合成される為、重篤な副作用は報告されていません。
しかし、経口摂取や静注の副作用として、吐き気、嘔吐、胸焼け、胃炎、下痢などが起こる可能性があります。

適切に用いれば授乳中においても安全性が示唆されています。

注意事項!

・サイト内の各数値や情報に関しては、転記ミスや内容が古い場合もありますので、必ずご自身で信頼のおける文献等で再確認して下さい。

・サイト内の栄養素の効能等は、伝承による情報も含まれており、その内容を保証するものではありませんので、必ずご自身で信頼のおける文献等で再確認して下さい。
また、栄養素としての記述をしており、サプリメント等の効果を保障するものでもありません。

・当サイトの内容によって生じたトラブル等については一切の責任は負えません。

Copyright (C) 2008 MineralsNavigation. All Rights Reserved.