ミネラル(mineral)の効果を解説。

化粧品成分としても人気のミネラルとは、栄養学的には私たちの体を構成する元素のことで、不足すると身体に様々な症状を招いてしまいます。

人にとって非常に有益な働きをするミネラルですが、欠乏症や過剰摂取で重大な健康被害を与えるので、よく理解して摂取することが大切です。

そこで当サイトでは、体に必要な代表的なミネラルの効果に加え、多く含む食品、摂取上限値や過剰症までを解説していますので、しっかりと学んで下さい。

カルシウム

骨粗鬆症の予防に必須!

カルシウムはミネラルの代表格ともいえ、健康な骨や歯を作るだけでなく、精神の安定などの働きも持っています。
また、脂肪の吸収を妨害する効果も持つことから、近年、とても注目されているメタボ対策にも有効だと言えます。

詳細を見る

マグネシウム

偏頭痛対策のミネラル!

現現代社会人の代表的な慢性疾患である偏頭痛の予防にマグネシウムが期待されています。
また、中性脂肪や血圧の安定などの効果もあり、生活習慣病予防にも役立ちます。

詳細を見る

亜鉛

味覚の向上や美容に!

「味覚の正常を保つ効果」などは有名ですが、亜鉛には他のミネラルには見られないすばらしい効果がまだまだあります。
特に、「女性ホルモンの正常作用」や「コラーゲンの生成」など、女性には大切な栄養素です。

詳細を見る

鉄分
貧血予防には鉄分を!

鉄は、赤血球の主成分であるヘモグロビンを構成する重要な要素で、不足すれば貧血の原因となります。
貧血は男性より女性に多く、成人女性の5人に1人は、鉄分不足による貧血といわれています。

詳細を見る

セレン
活性酸素対策の最後の砦!

セレン(セレニウム)には体内の余分な活性酸素が悪さをしないように除去する働きがあります。
この抗酸化効果は非常に強力で、ビタミンEの50〜100倍とも言われています。

詳細を見る

クロム
糖質の代謝を助け、糖尿病と戦う!

正常な糖代謝や脂質代謝を維持するために重要なミネラルです。特に血糖値の調節に対する作用が注目されています。
クロムの摂取により、血液中の余分な糖分を取り込んで熱に代える作用がありますのでダイエットにも効果的です。

詳細を見る

硫黄
温泉で有名なミネラルです!

硫黄には、皮膚や髪などの健康を保つ働きがあります。
また、水銀やヒ素などの有害ミネラルの蓄積防止や細菌感染の抵抗力を向上する効果などもあります。
ビタミンB郡とともに脂質などの代謝にも作用します。

詳細を見る

銅
快適な睡眠のために!

米国農務省の研究により、銅の摂取量が少ない人は眠りの質が悪いことがわかっています。
最近では、銅イオンを使い、安眠効果が期待できる寝具が登場しています。

詳細を見る

コバルト
バイオリズムの正常化に!

過去、外国でコバルトの不足により羊や牛が貧血や筋萎縮で大変な事態となったほど大事なミネラルです。
ビタミンB12の構成成分になり、神経の働きを正常化するなどの効果も持っています。

詳細を見る

モリブデン
老廃物である尿酸の代謝に!

モリブデンは、肝臓や腎臓で有害物質を分解する酵素の働きをサポートするミネラルです。
また、鉄の働きを促す酵素の主成分でもあり、血液に深く関わるミネラルです。

詳細を見る

ヨウ素
体脂肪の燃焼に!

ヨウ素は、甲状腺ホルモンの成分として発育を促進しますので、幼児には大事なミネラルです。
また、基礎代謝を高めたり、脂肪を分解する働きがあります。
不足が続くと甲状腺腫を引き起こします。

詳細を見る

マンガン
疲労の蓄積を防ぐ!

マンガンは消化などを助ける働きやタンパク質の合成やエネルギーづくりに役立ちます。
また、愛情ミネラルとも呼ばれており、不足は愛情志向がなくなるといわれています。

詳細を見る

カリウム
高血圧の予防・対策に!

ナトリウムの過剰摂取により上昇した血圧を下げる働きがありますので、高血圧の治療に有効性が示唆されています。
また、カリウムには筋肉の収縮を補助する作用があり、腸内の筋肉を促進することで便秘の改善に役立ちます。

詳細を見る

ビタミン
ミネラルと並ぶ大事な栄養素!

ビタミンは、体の機能を維持するために必要な栄養素です。
3大栄養素である炭水化物、たんぱく質、脂質が体内でエネルギーや体の構成成分に変わる際に手助けをします。
不足すると体にさまざまな影響を与えます。

詳細を見る

カリウム
美肌に!アンチエイジングに!ダイエットに!

近年では、当サイトで紹介しているミネラル以外にも、様々な栄養素が美肌作り、アンチエイジング、ダイエット、健康増進などの目的で人気となっています。
こちらでは、それら人気の栄養素について紹介しています。

詳細を見る


上手にミネラルを摂る方法

天然鉱物であるミネラルは、私達が学生の頃に学んだ元素で表すことができます。
その中で、人体に必要不可欠なものを必須ミネラルと呼んでいます。

最近では、食品からだけではなく、マルチビタミン&ミネラルなどのサプリメントで手軽に摂取する事が可能です。
しかし、過剰症や相互作用の問題がありますので、よく学んで摂取する事が重要となります。

例えば、健康的な血を作るためには、鉄分の他に、銅や葉酸に加えビタミンB12などビタミンとミネラルが必要になります。

このことからもわかるように、様々な栄養素をバランス良く摂取することで、美容や健康を保つことができるのです。

ミネラル不足になると、頭痛や不眠症、精神不安などの症状を招く原因となってしまいます。
食べ物からの摂取が望ましいのですが、食事バランスを整える事が難しい方は、サプリを利用する事も一つの方法です。

特に、近年の夏は猛暑が続き、多量の発汗によってミネラルが失われやすい状況となっています。
ミネラルウォーターだけでは十分な量を補う事が出来ませんので、毛髪ミネラル検査などで現状をしっかり把握しましょう。

日本人は慢性的なミネラル不足

2011年の国民健康・栄養調査によれば、日本人のミネラル摂取量は慢性的な不足状態とされています。
特に、最近の日本人はカルシウム:・マグネシウム・亜鉛の摂取量が不足していると言われており、中でもカルシウムは必要摂取量が目標量を上回ったことが過去30年の間に1度のないという慢性的な成分です。

ミネラルには適正な摂取基準があり、その範囲ないでは身体に有用に作用する重要な栄養素です。
しかし、必要量を下回れば欠乏の危険性が増し、多く摂り過ぎれば過剰の危険度が増えることになります。

また、ミネラルの必要量は、年齢・性別で異なり、欠乏症や過剰摂取による健康被害を起こさないために、「日本人の食事摂取基準」が設けられています。

Copyright (C) 2008 MineralsNavigation. All Rights Reserved.